FC2ブログ

虹のクッチャロ湖 白鳥飛来中

2012年10月22日
0
0
北海道な風景
(記2012年10月22日)

 浜頓別町のクッチャロ湖。日本とロシアを渡る水鳥の重要な中継地で、日本最北のラムサール条約登録地だそうで、白鳥が飛来してきていました。

IMG_2626.jpg


IMG_2632.jpg


 この日は雨が降ったり止んだりの天気。日が射すと湖と雨滴がキラキラ輝いてきれいです。

IMG_2634_20121020161319.jpg


IMG_2635_20121020161318.jpg


 そして素晴らしい虹をみることができました。

IMG_2637.jpg


IMG_2638.jpg


IMG_2641.jpg


 湖のほとりに建つ水鳥観察館には、クッチャロ湖を訪れる鳥の標本などが展示されているほか、フィールドスコープで屋内から水鳥を観察することができます。

IMG_2643_20121020161709.jpg

IMG_2628_20121020162217.jpg IMG_2629.jpg


以下浜頓別町のホームページより引用

 国内最北のラムサール条約指定地です。周囲27kmの海跡湖で、大沼(長径5.5km)と小沼(長径3.0km)の2つの沼が細い水路によってつながり、変形した瓢箪型をしています。
 大沼の南側が整備され、水鳥観察館、キャンプ場などが設置されています。平均水深1.5mと浅く標高が低いため、約3km離れたオホーツク海の海水が、満潮になると入り込みます。日本とロシアを渡る水鳥達の重要な中継地で、約290種の野鳥が記録されています。特に春と秋の渡りの季節に、数千羽のコハクチョウと数万羽のカモ類が観察できます。冬には、天然記念物のオジロワシやオオワシの姿も見られます。町では、定期的な清掃や水質調査など行っています。
 平成7年に環境省で設置された浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館は、来訪者へ自然情報を提供し、自然環境の普及啓発を行っています。また、地元の子どもたちへの環境教育を実施しています。平成16年から、浜頓別町を中心に地元漁業組合、農業組合などの関係機関が集りクッチャロ湖等保全対策協議会を設立し、湖畔への植樹や炭素繊維による水質浄化などの保全対策も行われています。



 浜頓別町のアイドルは、スワットンだそうです。

IMG_2627_20121020162810.jpg



ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ダイスケ@Hokkaido
Posted by ダイスケ@Hokkaido
Welcome to DaisukeTimes.
札幌在住50代。
北海道情報をどんどん発信していきます。ただしお店情報などは、閉店していたり移転していたり内容が大きく変わっているお店も多くあります。最新情報はご自身で確認をお願いいたします。
リンクフリー。不適切なコメントはこちらで削除することがあります。

Comments 0

There are no comments yet.