FC2ブログ

玉ねぎたっぷりのルーがウマい 札幌黄ブルックスカレー食堂

2012年12月28日
0
0
 札幌 食べある記
(記2012年12月28日)

 札幌市東区の特産、札幌黄という玉ねぎをたっぷり使っているというブルックスカレー食堂。
 狸小路5丁目のHUGマート内にある狸小路店へ。
 オーダーは、野菜をどうするか、ルーをどうするか、トッピングをどうするか、といった流れで決めていきます。オススメでセットとなっている産直野菜料理9種にスタンダードカレーソース、ミニトンカツトッピングを注文。

 見るからに玉ねぎたっぷりのルー。玉ねぎの甘みがなんともうまい。ルーには煮込まれた鶏肉も入っている。


IMG_4206_20121228073847.jpg


IMG_4207_20121228073847.jpg


IMG_4210.jpg


 福神漬けは札幌黄!さっぱり、きりりと味を引き締めます。

IMG_4208.jpg


 辛味を加えるソースもあって、辛いのが好きな人は調節出来ます。ごちそうさまでした。

IMG_4212_20121228073850.jpg

IMG_4201_20121228074806.jpg

IMG_4202_20121228074808.jpg

IMG_4203.jpg IMG_4204.jpg



参考までに【札幌黄】について(札幌市のホームページより引用)
○「札幌黄」の特徴
「札幌黄」は、病気に弱いことに加え、遺伝子に多様性があるため形が不揃いのものが多いこと、また近年多く流通しているたまねぎと比べ日持ちもしないことなどから、生産量が少なく、なかなか市場に流通していません。
しかしながら、一般に流通しているたまねぎよりも肉厚で柔らかく、加熱後の甘みが強いため、根強いファンも多く、近年「札幌黄」を好んで使うレストランも増えてきています。
その特徴的な味と、入手のしにくさが相まって「幻のたまねぎ」と言われています。


○「札幌黄」のおすすめ料理
「札幌黄」は、味が濃く、加熱調理をすると辛味が消えてとても甘くなることから、特に煮込み料理に向いています。ビーフシチューやスープカレー、ポトフ、肉じゃがなどがお勧めです。


○「札幌黄」が食の世界遺産に

 平成19年、「札幌黄」は、「食の世界遺産」と言われる、スローフード協会国際本部(イタリア)の「味の箱舟」に認定されました。「味の箱舟」は、地方の伝統的かつ固有な在来品種のうち、消えてしまう可能性のある希少な食材を世界的な基準の下で認定し、地域における食の多様性を守ろうというプロジェクトです。
 日本では、「札幌黄」をはじめ、八列とうもろこしや日本短角牛など、25品、世界では903品が認定されています(平成23年現在)。





ランキング参加中。
ポチっとお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ダイスケ@Hokkaido
Posted by ダイスケ@Hokkaido
Welcome to DaisukeTimes.
札幌在住50代。
北海道情報をどんどん発信していきます。ただしお店情報などは、閉店していたり移転していたり内容が大きく変わっているお店も多くあります。最新情報はご自身で確認をお願いいたします。
リンクフリー。不適切なコメントはこちらで削除することがあります。

Comments 0

There are no comments yet.