FC2ブログ

スキーに行こう!

2006年12月04日
0
0
We Love SKI!
(記2006年12月4日)

 ダイスケが小学生から中学生の頃。日曜日にスキー場に行くと、リフトを1時間とか2時間待って乗ったもんだ。その頃の札幌国際のゴンドラなんざ、整理券発行だ。1日券は元が取れるのかどうか、回数券の方がオトクか悩んだもんです。

 しかし今やリフト待ちなんてほとんどない。それはそれでウレシイのだが、スキー場は大丈夫かと心配になる。

 スキー場の主なターゲットとなる人口階層を仮に5歳~40歳未満と仮定する。子連れのファミリーと若者だ。

 1980年から2005年の北海道の人口をみる。総人口はほとんど変化はない。しかしだ、このスキーをやりそうな人たちは、なんと90万人も減っているのだ。さらに2015年まで人口推計すると今からさらに30万人ほど減る。

 これに加えて、TVゲーム、格安海外旅行、ケータイやPCなどの新たな消費支出、スキー学習の減少。スキーを取り巻く環境は厳しい。

 このままでは、町営レベルのスキー場は自治体の財政難も相まってどんどん廃止され、子どもたちが身近にスキーが出来る場所がなくなってしまう。

 さあ立ち上がれ中年!
 北海道のスキー文化を救うのだ!




関連記事
スポンサーサイト



ダイスケ@Hokkaido
Posted by ダイスケ@Hokkaido
Welcome to DaisukeTimes.
札幌在住50代。
北海道情報をどんどん発信していきます。ただしお店情報などは、閉店していたり移転していたり内容が大きく変わっているお店も多くあります。最新情報はご自身で確認をお願いいたします。
リンクフリー。不適切なコメントはこちらで削除することがあります。

Comments 0

There are no comments yet.